ノクト

LIXIL(リクシル)のキッチン【ノクト】について完全解説!

LIXIL(リクシル)のキッチンノクト
  • 2022年6月に発売されるノクトってどんなキッチン?
  • ノクトで選べるアイテムってどんなものがあるの?
  • ノクトの特徴について教えて!
  • 「アレスタの後継グレードはノクト」って言われたけど、どんなキッチン?
キッチンマニア

ノクトが出るって聞いたけど、まだ情報が少なくて早く知りたい!

そんな方にわかるようについてまとめました。

ノクトは2022年6月に新しくLIXIL(リクシル)から発売されるキッチンで、そのデザインや機能性は最新のトレンドを押さえた、ミドルグレードのキッチンのシリーズです。

キッチンマニア

建築コーディネーター11年歴のキッチンマニアが、プロの目線でシエラSについて詳しく解説します。

ガス代は年間5万円節約できる?!【ガス屋の窓口】

LIXIL(リクシル)のノクトってどんなキッチン?

  • ノクトはLIXILのシステムキッチンの中で、ミドルグレードに位置するシリーズ。
  • 2022年6月に新しく発売するキッチンシリーズ。
  • 2022年5月末にミドルグレードのアレスタが廃番し、アイテムや特徴を後継している。
  • 大きく扉色や人造大理石トップなどのデザインが刷新
  • 新しくキッチンテーブルが登場。
  • 魅せる収納「カノール」とも組み合わせができる。

まず、LIXILのシステムキッチンには3つのシリーズあります。

  • 最高グレードの「リシェルSI」
  • 中級グレードの「アレスタ」→6月発売「ノクト」
  • 普及グレードの「シエラS」

アレスタにはなかった人造大理石のスリムカウンターを濃色カラーも新しくラインナップ!最新のトレンドを抑えたキッチンです。

ノクトの概要は、下記のリンク先のページでも説明しています。

LIXIL(リクシル)のキッチンノクト
2022年6月発売!LIXIL(リクシル)のキッチン『ノクト』って?2022年の6月に発売されるLIXILのキッチンのノクトってどんなキッチン?ノクトで選べるアイテムってどんなものがあるの?5月末に廃番になるアレスタと何が違うの?ノクトの特徴について教えて!そんな方に新しいノクトで選べるアイテムや新色を紹介します。...

ノクトとシエラSの違いは何?

新しく発売されるノクトは、シエラSとは何が違うのでしょうか?
シエラSとノクト。どちらにしようか悩んでいる方は、下記を参考にしてください。

  • キャビネットの底板はステンレスも選べる
  • ロングスライドの収納が基本なので収納力が大きい
  • 濃色の人造大理石トップも選べる
  • 扉と取手のバリエーションが多い
  • 魅せる収納「カノール」と扉色と取手が同じ
  • キッチンテーブル付が選べる
  • 選べるシンクのバリエーションが多い。ひろびろタイプも選べる。
  • アイランド型もプランできる
  • 物が落ちないためのサイドフェンスがついている
  • グリルレスのコンロにも対応できる
  • 調理台用・食洗機用キャビネットにトレーが付属している
  • 周辺収納カウンターのバリエーションも豊富
  • 家電収納の蒸気排出ユニットが吸い込み式

ノクトで選べるおすすめアイテム

1.キッチンテーブル

新発売のノクトでプランできるキッチンテーブル

せっかく新商品のノクトを選ぶなら、おすすめしたいのがキッチンテーブル
シンプルでスタイリッシュなテーブルです。

このキッチンテーブルはキッチン本体に取付し、固定するため、ペニンシュラ型、アイランド型のプランでしか選定できません。

キッチンマニア

実際に、新商品内覧会に参加した際に座ってみましたが、とっても落ち着きました。キッチンの前で仕事、家事、育児ができる生活っていいなぁと思いました。

ノクトでは、キッチンのワークトップをテーブルにするタイプもありますが、それだとテーブルの高さは、ワークトップに合わせた80cmから90cmです。
そうなると椅子に座った時、床に足が届かないので、長く座るのにはしんどいんですよね。

でも、このキッチンテーブルは高さは70cmなので、食事をしたり、パソコンをしたりするのにもちょうど良い高さです。

お子さんが宿題をしながら、料理ができるのもいいですね。

2.アシストポケットシェルフ付き

キッチンマニア

ノクトで選べるアイテムで、一番におすすめしたいのは、シンク下とコンロ下のキャビネットに選べる『アシストポケットシェルフ付』です。

画像は、アシストポケットシェルフ付き(ステンレス底板)

日々の料理が楽になるこのアシストポケットシェルフ付きは、調理器具が取り出しやすい高さで、空間に無駄がなく収納ができることです。

ポケットはシンク下なら包丁やラップ類まな板など、コンロ下なら油のボトル、調理器具がペン立てみたいに入れられる広さに設計されています。

ノクト・シエラSで選べる【アシストポケット】について徹底解説!LIXILのキッチン、ノクトとシエラSで選べるアシストポケットってどんな収納?他のメーカーも2段になっているものがあるけど、どこが違うの?ノクトとシエラとでは違いはあるの?そんな疑問にお答えします。...

3.Wサポートシンク/ひろびろWサポートシンク

ひろびろWサポートシンクの調理中の例

調理も片付けも楽になるシンクの、WサポートシンクとひろびろWサポートシンクは、ノクトで選ぶことができます。

他のシンクとは違って機能性があるシンクです。
2段のレーンと3種類の専用プレートを使って、そのレーンの段差を活用したり、シンクの中に調理スペースを設けることで、家事がはかどるシンクです。

ひろびろWサポートシンク
LIXIL(リクシル)のシステムキッチンの『シンク』について解説「LIXILのキッチンにはどんなシンクがあるの?」「シリーズごとに選べるシンクは?」「シンクの素材の特徴や大きさは?」多くの種類があるシンクについて、建築コーディネータのキッチンマニアが詳しく解説します。...

ノクトでプランする!

ノクトで選べるワークトップのラインナップ

ノクトで選べるワークトップは、人造大理石が全6色、ステンレスが2種類の全8種です。

人造大理石トップ

  • グループ1「ベーシックホワイト」1色。
    40mmの前垂れのデザイン。
  • グループ2は3色展開。「ソルティホワイト」「シルフィベージュ」「シルフィグレー」
    スリムデザインの12mmのカウンター。
  • グループ3は2色展開。「ブラックストーン」「ブラウンストーン」
    スリムデザイン10mmのカウンター。

人造大理石は3つの価格帯があり、グループ1からグループ3と価格ごとでグループ分けされていて、グループ1からお求めやすい価格になっています。

グループ3の人造大理石ブラックストーン。スリムデザイン。

最新のスリムカウンターは、グループ2と3で選べ、グループ3の濃色の人造大理石はノクトだけで選べるワークトップです。

グループ1のベーシックホワイトは前垂れが4cm程のデザインです。

キッチンリフォームするなら絶対やるべき!リフォーム会社の見積もり比較リフォーム費用の相場って一体どれくらいだろう?あの会社は安心して任せられるのかな。 リフォームしたいけど、どこにお願いしたらいいのかわからない。そんな方にお勧めしたいのが、必ず数社、相見積もりを比較検討をすることです。相見積もりのお勧めの方法をお伝えしています。...

ステンレストップ

ステンレストップは、「シルクエンボス」「スムースドットエンボス」の2種類があります。価格は人造大理石よりお求めやすく、調理台として気にせず使えるので、変わらず人気があります。

スムースドットエンボスの画像
スムースドットエンボスの画像。

ステンレストップは価格グループはないものの、傷つきにくい加工がされているスムースドットエンボスの方が定価で数千円程度、高くなります。

キッチンマニア

ステンレストップはどちらも質の良いSUS304を採用されているので、錆などが発生しにくい安心の品質です。

LIXILキッチンリシェルSIのセラミックトップのテスト
LIXILの各シリーズのキッチンで選べるワークトップ【まとめ】LIXILのキッチンにはどんなワークトップがあるの?ワークトップ別の特徴やポイントを知りたい。シリーズごとに選べるワークトップは違うって本当?LIXIL のシステムキッチンで選べるアイテムをシリーズごとに解説します。...
新生活をおトクに♪最大131,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】

ノクトで選べるキッチンパネル

キッチンパネルとは、キッチンまわりの壁に貼るパネルのことで、油や水分を壁に染み込ませず、不燃材という役割のあるパネルです。

キッチンマニア

昔はキッチン周りは油が染み込まないタイルが多かったのですが、タイル目地には油が固着しやすいこと、そして高価なので、今はお手入れがしやすく、施工性もいいフラットなデザインのキッチンパネルが主流です。

ノクトで選べるキッチンパネルはサンウォーレというシリーズ全13色の中から選ぶことができます。

ノクトで選べるシンク

素材は人造大理石が2種類、ステンレスが5種類あり、8つのタイプのシンクから選ぶことができます。

キッチンマニア

ひろびろタイプの大きなシンクを選ぶ場合、シンクキャビネットをW1050 サイズを選ぶ必要があり、プラン上の制限もあります。

人造大理石シンク

人気の人造大理石のシンクは柔らかい印象のシンクで、キッチンがパッと明るい雰囲気になります。

ひろびろタイプの15cm大きいサイズとあり、カラーバリエーションも豊富です。

画像は、人造大理石シンク『キレイシンク』シュガーホワイト

キレイシンクのカラーバリエーションは、『シュガーホワイト』と『マロンベージュ『チェリーブロッサム』『ライムグリーン』の4色と、人大ワークトップと色を合わせられる『シルフィーベージュ』『シルフィーグレー』の2色の全6色展開です。

ワークトップが大理石の場合のみに、人造大理石シンクを選択することができます。
人造大理石同士だと一体形成で生産されるため、継ぎ目がなくシームレスでキレイで、お手入れもしやすいのがメリットです。

キッチンマニア
キッチンマニア
継ぎ目に汚れがたまらないのが嬉しいですね。

排水口が、奥にあり、鍋底などで排水口を塞がない様にシンクの形状が設計されています。

また排水口の上は、スポンジの水が切れるワイヤーポケットになっているので、お手入れの手間にも配慮されています。

ステンレスシンク

選べるステンレスシンクは5種類です。
おすすめは『Wサポートシンク』『ひろびろWサポートシンク』ですが、『スキットシンク』『ひろびろラクリーンシンク』『ラウンド68シンク』があります。

排水口は、全てお手入れがしやすいステンレス排水口です。。

シンクは選ぶワークトップによって組み合わせできないものがあり、ステンレスのワークトップの場合、人造大理石のシンクは選ぶことができませんので注意が必要です。

キッチンマニア

人造大理石シンクもステンレスシンクも、それぞれオプションで撥水・撥油コート付を選ぶことができますが、私はあまりおすすめしていません。

ノクトで選べる扉色と取手

キッチンのカラーを決める時が一番楽しい時ですよね。
ノクトでは扉色は全40色から選べ、取手3色(グループ1は2色)合わせてコーディネイトします。

ノクトの扉色と取手の参考画像
扉カラー/ホワイトグレイン(グループ2)/スリムライン取手(ブラック)

扉色は価格帯でグループ分けされていて、グループ1からお求めやすく、グループ3までの3つの価格帯に分かれています。

  • グループ1は5色×取手2色(1形状)
  • グループ2は32色×取手3色(3形状)
  • グループ3は3色×取手2色(1形状)
キッチンマニア
キッチンマニア
ウォールキャビネットとフロアキャビネットをツートンでコーディネイトすることも可能なので、色々考えるだけで迷ってしまいますね。

ラインナップのカラーはトレンドのグレイッシュな色味やマットな扉が多い印象です。
マットな質感は光沢のあるものよりはカジュアルで、指紋が目立ちにくいので実用的です。
彩度が低く落ち着いた色味が多い印象ですが、高級感と存在感があります。

扉色/ブリーチドウッド(グループ2)ミドル取手/(シャインニッケル)との組み合わせ

ワークトップとキッチンパネル、シンクの色、レンジフードの色、コンロの色なども選べるので、考えながらコーディネイトすると洗練された空間になります。

本体側の取手と周辺収納の取手カラーを別の色でプランしてもらうことも可能です。

浴びるたび美しく!ミラブル plusはこちら

ノクトでできるレイアウト

キッチンの配置は多様にプランができますが、簡単に希望のレイアウトができるか確認してみましょう。

  • 壁付I型(奥行65cm、60cm)
  • 壁付L型(65cm)
  • アイランドI型(奥行75cm、97cm)
  • ペニンシュラI型(奥行97cm、75cm)
  • 構造壁対応ペニンシュラ型(奥行97cm、75cm)

シンクとコンロを別のワークトップに設置するII列型にも対応できます。

ノクトで選べるワークトップの高さ

ノクトで選べるワークトップの高さは3段階です。

  • 80cm    身長155cm目安
  • 85cm(標準)身長160cm目安
  • 90cm    身長165cm目安

自分の身長÷2+5cmがちょうど良い高さと言われていますが、同じ身長の方でも、肩の高さ肘の高さなどでも感覚は変わってきます。

キッチンマニア

また、ご主人も洗い物をしてくれたりする方も多いので、ご主人の身長に合わせて、奥様はスリッパで高さに対応するという方もいらっしゃいますよ。

キッチンマニア
キッチンマニア
長く使うキッチンなので、自分にあったワークトップの高さか、しっかり確認しておきたいですね!
ミラブルキッチン公式オンラインショップ

ノクトで選べる収納キャビネット

キッチン本体の収納キャビネットは、フロアキャビネットウォールキャビネット(吊戸)があります。

フロアキャビネット

ノクトでできるキャビネットのタイプが2つあります。

キャビネットのタイプは2つ
  • スライドストッカー/アシストポケット
  • トレーボード/開き扉

おすすめは、下段に収納力もたっぷりあって、調理器具が取り出しやすい高さにあり、出し入れがしやすいので、スライドストッカー/アシストポケットのプランです。

キャビネットの設計が異なるので、2つのタイプをまたがってはプランできません

シンク下は、スライドストッカー・コンロ下は開き扉というようなタイプをまたがるプランは不可です。

ウォールユニット

最近は、対面オープンのキッチン空間を選ばれる方が多いので、ウォールユニットを設置しないプランが増えていますが、ウォールユニットも多くのバリエーションがあり、使いやすい機能がついているものがあります。

  • 開き扉
  • ダウンウォール(手動・電動)
  • 食器乾燥庫
  • クイックパレット(シングルタイプ)
キッチンマニア

食器洗い乾燥機をつけない方は、食器乾燥庫もおすすめですし、手が届かないからと諦めている方におすすめしたいのは、調理中にも使える電動のダウンウォールです。

ウォールユニットを設置する場合には、気をつけなければいけないポイントがあります。

新築では、特に問題がなく納められますが、リフォームなどでは、天井が低い家や、マンションでは梁やダクトが通っていて難しいこともあります。

また、身長の高さや、窓や開口部分、消防法令上、加熱機器からの遠隔距離も考慮しなけれればいけません。

キッチンマニア

システムライトが付いているアイテムもありますが、標準の開き扉には付いていませんので、ライトを忘れないようにプランしておきましょう。

高さや間口によっては選べないアイテムもありますのでプランできるか確認しておきましょう。

LIXILのセラミックトップのキッチン
選んでおきたい!LIXIL(リクシル)のおすすめキッチンアイテム11選【まとめ】LIXILのシステムキッチンで選べるおすすめアイテムを11個ご紹介しています。どのメーカーの物を選んだら良いのかわからない。どのシリーズの中にどんな特徴があるのかわからない。どのアイテムを選んだら良いのかわからない。そんな方にご覧いただきたい記事です。...
LIXILリシェルSIキッチンラパートトープ
LIXIL(リクシル)のキッチン『リシェルSI』 を徹底解説!【まとめ】LIXILのキッチンのリシェルSIってどんなキッチン?リシェルで選べるアイテムってどんなものがあるの?リシェルSIの特徴について教えて!LIXILのキッチン【リシェルSI】を検討中の方に、リシェルSIについてアイテムを網羅して解説しています。...
LIXIL(リクシル)シエラS
LIXIL(リクシル)のキッチン『シエラS』について徹底解説!【まとめ】LIXILのキッチンのシエラSって、どんなキッチン?シエラSで選べるアイテムってどんなものがあるの?シエラSの特徴について教えて!LIXIL(リクシル)のキッチンシエラSの選び方について解説。...


ABOUT ME
キッチンマニア
LIXILのキッチンを住宅のコーディネーターのプロが商品の選定方法や特徴を徹底的に深掘り解説します。