本体キャビネット

ノクト・シエラSで選べる【アシストポケット】について徹底解説!

  • アシストポケットってどんな収納?
  • 他のメーカーも2段になっているものがあるけど、どこが違うの?
  • お手入れが大変なんじゃないの?
  • 壊れやすいんじゃないの?

「アシストポケット」は、リシェルSIで選べる「らくパッと収納」と同じく、「調理中の奥様たちを研究して開発」されているため、とても使いやすく収納が空間を無断なくできるキッチン収納です。

キッチンマニア

アシストポケットはノクト・シエラSで選べます。
らくパッと収納は、リシェルSIでのみ選べます。

アシストポケットは、ノクト・シエラSを選定するなら、ぜひ選んでおきたいアイテムです。

この記事では、LIXILのノクト・シエラSだけに搭載できる「アシストポケット」について深掘り解説をしていきます。

アシストポケットとは?

らくパッと収納は、『シンク下用』、『コンロ下用』、『調理台用』とあり、キッチン本体のキャビネットに、それぞれ選ぶことができる収納です。

「大容量の収納」「使いやすい」のが人気です。

ノクトのアシストポケットシェルフ付き(ステンレス底板)
画像は、コンロ用・シンク下用のキャビネットはアシストポケットシェルフ付き

上段・中段・下段の3つのエリアのうち、中段の位置にある部分のことを指しています。

キッチンマニア

扉裏に「ポケット」がついていて、油のボトルや調理器具、ラップ類や包丁、まな板などが立てて収納できます。

エリアが分かれているため、収納がしやすく、空間が無駄にならず、大容量な収納ができます。

キッチンマニア

ポケットにしまう包丁やキッチンバサミなどの刃物系は専用スペースが決められていて、まとめてチャイルドロックもかけられるから安心です。

国内売上NO.1『日本トリム』。500ml約3〜3.5円の低コストで、管理医療機器の整水器をご家庭に

アシストポケットシェルフ付の収納力

アシストポケットは、シェルフのあり/なしが選べます。
シェルフがあることによって、空間を無駄なく収納力が倍増します。

アシストポケットシェルフあり・なし
左の画像はシェルフ付・右の画像はシェルフなし

シェルフなしにする方もいらっしゃるのですが、シェルフ付きは腰をグッと屈めないと取り出せない高さです。

キッチンマニア

「シェルフ付」を選ぶと、腰を深くかがめずに、調理器具がささっと取り出せますし、収納力も増えるので、「シェルフ付」をお勧めします。

必要が無くなった場合は、シェルフのみ取り外して使用することはできます。
ですが、シェルフなしを選んだ場合、後からシェルフが欲しくなっても後付けすることはできません。

アシストポケットの動画はこちら(LIXILのサイトに飛びます)

ノクトとシエラSではアシストポケットに違いはあるの?

ノクトとシエラSのアシストとは、引き出しの位置によって設計が異なりますが、ひとつのストッカーごとに5cmから10cmもキャビネットの奥行の内寸が異なります。

ノクトのキャビネットの方が、奥行きが広いのです。

キッチンマニア

たった、5cm?と思うかも知れませんが、幅2.5m×奥行5cm×高さ85cmの収納力では、かなり大きな違いになります。

また、ノクトでは「ステンレス底板」「メラミン底板」と2種類から選ぶことができますが、シエラSでは「メラミン底板」のみです。

らくパッと収納
リシェルSIだけで選べる、らくパッと収納を深掘り解説!らくパッと収納ってどんな収納?他のメーカーも2段になっているものがあるけど、どこが違うの?20度に扉が傾くなんて壊れやすいんじゃないの?お手入れが大変なんじゃないの?などなど、LIXIL(リクシル)のリシェルSIでのみ選定できる「らくパッと収納」についてよくある疑問や使い方、収納方法などについて解説しています。...

【アシストポケット】シンク用ポケットに収納するもの

  • シンク下なら包丁4本、キッチンバサミや、調理器具、まな板やラップ類
  • コンロ下なら油、おたまやフライ返しや鍋つかみ
アシストポケットのシンクエリアに入るもの
シンク下のポケットには包丁、キッチンバサミ、まな板やラップ類が立てて入れられます。
キッチンマニア

ポケットは開くとペン立てのようになっていて、簡単に取り出せます。
使う頻度が高いものを収納するスペースとして、少し開けただけで簡単に取り出せるので、調理が早くスムーズになりますよ。

コンロ下のポケットには、油のボトル、おたまやフライ返し、などの調理機器などが入ります。
キッチンマニア

アシストポケットに入る油のボトルは、1kgのもので、1.5kgのものは入りません。またポケット部分の収納物の積載重量は1つのキャビネット内のポケット合計で5kg以下です。

キッチンリフォームするなら絶対やるべき!リフォーム会社の見積もり比較リフォーム費用の相場って一体どれくらいだろう?あの会社は安心して任せられるのかな。 リフォームしたいけど、どこにお願いしたらいいのかわからない。そんな方にお勧めしたいのが、必ず数社、相見積もりを比較検討をすることです。相見積もりのお勧めの方法をお伝えしています。...

【シェルフ】に収納するもの

  • シンク下には、ボウル、ザル、バット、計量カップ、計りなど
  • コンロ下には、卵焼器やフライパンや蓋など

シェルフありは収納力が増えることが魅力です。
また、それ以上に魅力なのは、体に負担のかからない高さにシェルフがあることです。

浅めの形状頻繁に出し入れするものを収納することに適しています。

ノクトのアシストポケットシェルフ付き
シンク下のアシストシェルフには、頻繁に使うバットやボウル、ザルなどの調理器具を置くのがおすすめです。
コンロ側のシェルフにはフライパンや小鍋などが収納に適しています。

シェルフの積載重量は5kg以下です。

ガス栓に当たらないように、樹脂製のガス栓避けのカバーがついてきます。
こちらは収納ケースではないので、物を入れたりしないようにしましょう。

【ストッカー】に収納するもの

  • シンク下用には、大きめのボウルやザルなど
  • コンロ下には、鍋やケトルなど
シンク下のストッカーに収納するものは、シンク周りで使う大きめなボウルやざるなど
コンロ下のストッカーにはコンロ周りで使う鍋や油こしなどを入れます。

ストッカーには、高さのあるものや、積載重量は25kg以下で重たいものを入れることができます。

シェルフなしの場合は、35cmくらいの背の高いものが入れられますが、シェルフ付きの場合、ストッカー部分に入れられる物の高さは約20cmまでです。

シェルフ付の場合は、一般的な鍋やボウルなどは入る大きさですが、寸胴鍋や背の高い圧力鍋などは入らないので、別の置き場所を考えておくと良いです。

キッチンマニア

調理台スペースに高さが確保できる3段スライドなどをプランしたり、周辺収納で収納するか等、検討しましょう。

LIXILのセラミックトップのキッチン
選んでおきたい!LIXIL(リクシル)のおすすめキッチンアイテム11選【まとめ】LIXILのシステムキッチンで選べるおすすめアイテムを11個ご紹介しています。どのメーカーの物を選んだら良いのかわからない。どのシリーズの中にどんな特徴があるのかわからない。どのアイテムを選んだら良いのかわからない。そんな方にご覧いただきたい記事です。...

ポケットのお手入れ性

ポケットのお手入れは、とても簡単です。
レールにかかっているだけなので、さっと取れて,簡単に洗うことができます。

万が一割れたりしても、LIXILのパーツショップでオンラインで購入することができるので安心です。

LIXIL(リクシル)のハンズフリー水栓について深掘り解説ハンズフリー水栓ってどんなメリットがあるの?自動で水が出るなんで、使い方は難しくないの?この記事ではハンズフリー水栓の種類や使い方やメリットなどについてお伝えします。...

アシストポケット収納は壊れやすい?

アシストポケット収納は、JIS規格の開閉試験基準の4万回の開閉テストにクリアしているので、十分な耐久性があることは実証済みです。

キッチンマニア

4万回もテストするってってすごいですね!

アシストポケット収納の開閉はシェルフが連動してくるのですが、ポケット部分に磁石でくっついて出てきます。

LIXILの保証は3段階
  • 万が一の故障の際には、何もしなくても2年間は必ずメーカー保証は必ずあります。
  • 物件引き渡し後、LIXILオーナーズクラブに所有者登録をすると、3年間までは無料で修理してもらえます。
  • 任意で入る有償の長期保証サービスは、5年保証、10年保証が選べて加入することができます。
キッチンマニア

もちろん物なので壊れることはあると思いますが、しっかりと耐久試験をクリアしているので、壊れやすいということはありません
保証もしっかりありますので、心配であれば有償の保証も加入していると安心です。

LIXILリシェルSIのセラミックトップのイメージです
リシェルSIだけで選べる『セラミックトップ』について完全解説セラミックトップってどんなワークトップ?どんなメリットやデメリットがあるの? 他のワークトップとはどう違うの?LIXILのリシェルSIだけに搭載できるセラミックトップについて、メリットやデメリット、各色の特徴やコーディネイトについても解説します。...

下段スライド・小引き出し・スマートトレー

アシストポケットの下段はスライドストッカーになっています。

500ml缶も立てて収納できたり(85cm高さのワークトップの場合)ホットプレートやカセットコンロが簡単にしまえます。

「下段スライド」がついています。
下段収納
キッチンマニア

コンロ用キャビネットには、加熱機器の横に小さな調味料入れの小引き出しもついていて、たっぷりアイテムが収納できますね。

年間5万円も安くなることも?!プロパンガスの料金比較なら【エネピ】

底板ステンレス仕様とメラミン仕様

ノクトを選定する場合、底板をステンレス仕様にするかメラミン仕様にするかが選べます。(ノクトの場合)

シエラSの場合は、底板メラミンのみです。

ステンレス仕様より、メラミン仕様の方が、お値段はお得ですが、シェルフはメッシュ形状になります。

底板メラミン仕様

底板メラミン仕様
キッチンマニア

メラミン底板の仕様を選ぶと。シェルフ部分はメッシュ形状です。

メラミンとは、プラスチックの一種で表面硬度は非常に硬く耐水性にも優れています
食器などにも使われているもので、硬度は非常に硬いです。

なので、キズにも非常に強い素材ですし、汚れにも付きにくいのでキッチン周りに適した素材です。

底板ステンレス仕様(ノクトのみ)

ステンレスはワークトップのシルクエンボスエンボスと同じ優しいエンボス加工です。

キッチンマニア

シェルフの上もステンレスなので、細かなものが落ちる心配はなく滑らせて取ることができます。

底板ステンレスは、シンクやトッププレートと違って、少しグレードの落ちるSUS430のフェライト系のステンレスを採用していますので、サビに注意も必要です。

LIXILリシェルSIキッチンラパートトープ
LIXIL(リクシル)のキッチン『リシェルSI』 を徹底解説!【まとめ】LIXILのキッチンのリシェルSIってどんなキッチン?リシェルで選べるアイテムってどんなものがあるの?リシェルSIの特徴について教えて!LIXILのキッチン【リシェルSI】を検討中の方に、リシェルSIについてアイテムを網羅して解説しています。...
LIXIL(リクシル)のキッチンノクト
LIXIL(リクシル)のキッチン【ノクト】について完全解説!2022年6月に発売されるノクトってどんなキッチン?ノクトで選べるアイテムってどんなものがあるの?ノクトの特徴について教えて!「アレスタの後継グレードはノクト」って言われたけど、どんなキッチン?LIXIL(リクシル)のノクトについて深掘り解説します。...
LIXIL(リクシル)シエラS
LIXIL(リクシル)のキッチン『シエラS』について徹底解説!【まとめ】LIXILのキッチンのシエラSって、どんなキッチン?シエラSで選べるアイテムってどんなものがあるの?シエラSの特徴について教えて!LIXIL(リクシル)のキッチンシエラSの選び方について解説。...
ABOUT ME
キッチンマニア
LIXILのキッチンを住宅のコーディネーターのプロが商品の選定方法や特徴を徹底的に深掘り解説します。